遊戯王カード【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】

遊戯王カード【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】 はじめに

今回の記事は、遊戯王カードのデッキレシピ&デッキ解説で『鉄獣戦線デッキを使ってみたい』という方向けに書いた記事です!
遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキのポイント、回し方を中心に書いています。
是非参考にしてみて下さい!

遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード】 デッキレシピ

メインデッキ
鉄獣戦線 ナーベル x3
増殖するG x3
鉄獣戦線 ケラス x3
ペロペロケルペロス x2
霞の谷の雷鳥 x1
灰流うらら x3
レスキューキャット x3
鉄獣戦線 フラクトール x3
霞の谷の巨神鳥 x1
獣王 アルファx2
おろかな埋葬 x1
大欲な壺 x1
鉄獣の凶襲 x3
墓穴の指名者 x3
炎舞ー「天璣」x3
鉄獣の戦線 x2
鉄獣の抗戦 x2


エクストラデッキ
ミセス・レディエント x2
ユニオン・キャリアー x1
小法師 ヒダルマー x1
戦華盟将ー双龍 x1
鉄獣戦線 徒花のフェリジット x3
王神鳥シムルグ x1
鉄獣戦線 銀弾のルガル x3
鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ x3

遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ 強み

1 墓地のカード(獣族等)を除外してリンク召喚するため消費を抑えられる
2 リソースの回収手段が充実しており、1枚で初動となれるカードが多数入っている
3 既存テーマ(獣族・獣戦士族・鳥獣族)と合わせ強化がしやすい

リンクモンスターを展開し、相手を蹂躙せよ!!

遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ 絶対外してはいけないカード

鉄獣戦線 ナーベル
鉄獣戦線 ケラス
鉄獣戦線フラクトール
鉄獣戦線 
徒花のフェリジット
鉄獣戦線 
銀弾のルガル
鉄獣戦線
凶鳥のシュライグ
鉄獣の戦線
鉄獣の凶襲
鉄獣の抗戦

遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキ 回し方

  • ”フラクトール”の効果で、”ナーベル”を墓地へ!!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。

②:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。

②の効果は鉄獣戦線の共通効果であるため、最初に使いたいのは①の効果。

①:手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。

デッキからレベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地へ送る。

このカードを墓地に送り、レベル3以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を墓地に送ることができます。

基本的には”鉄獣戦線 ナーベル”をデッキから墓地に送り、サーチ効果へ繋げることになります。

  • ”ナーベル”の効果で”ケラス”をサーチ!!

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「鉄獣戦線 ナーベル」以外の「トライブリゲード」モンスター1体を手札に加える。

①の効果は鉄獣戦線の共通効果であるため、ここで使うのは②の効果。

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。

デッキから「鉄獣戦線 ナーベル」以外の「トライブリゲード」モンスター1体を手札に加える。

このカードが墓地に送られた時、デッキから【鉄獣戦線(トライブリゲート)】モンスターをサーチすることができます。

先程の”鉄獣戦線 フラクトール”の効果でこのカードを墓地に送り、”鉄獣戦線 ケラス”をサーチしましょう。

”鉄獣戦線 フラクトール”との相性が非常に良く、また他の墓地へ送る効果をもったカードとの組み合わせも容易なので、今回紹介するデッキレシピの中で最も重要なモンスターとなります。

  • ”鉄獣戦線 ケラス”で”鉄獣戦線リンクモンスター”を展開!!

①:手札からこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
②:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。
除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。
このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。

②の効果は鉄獣戦線の共通効果であるため、ここで使うのは①の効果。

①:手札からこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を捨てて発動できる。

このカードを手札から特殊召喚する。

手札の”獣族・獣戦士族・鳥獣族”モンスターを1体墓地に捨て、手札からこのカードを特殊召喚できる起動効果です。

この効果を使い、”鉄獣戦線 ケラス”をフィールドに展開することで、”鉄獣戦線共通効果”でリンクモンスターを一気に展開していきます!!

②:自分の墓地から獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターを任意の数だけ除外して発動できる。

除外した数と同じ数のリンクマーカーを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族リンクモンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。

このターン、自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。


1.”鉄獣戦線 フラクトール”でデッキから”鉄獣戦線 ナーベル”を墓地に送る
2.”鉄獣戦線 ナーベル”でデッキから”鉄獣戦線 ケラス”をサーチする
3.”鉄獣戦線 ケラス”の効果で自身をフィールドに展開する

以上の手順を行っているので、墓地に”獣族・獣戦士族・鳥獣族”モンスターがそれぞれ3体準備されており、”鉄獣戦線”の共通効果で以下の”鉄獣戦線リンクモンスター”を展開することができます!

  • ”鉄獣戦線 徒花のフェリジット”で更にリンクモンスターを展開

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

”鉄獣戦線 徒花のフェリジット”は2つの効果を持ち、最初に使うのは①の効果。

①:自分メインフェイズに発動できる。手札からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターしかリンク素材にできない。

この効果は、手札の”獣族・獣戦士族・鳥獣族”下級モンスターをフィールドに特殊召喚できます。

この効果を使うことにより、フィールドにリンク2モンスター(徒花のフェリジット)と”獣族・獣戦士族・鳥獣族”モンスターが揃うので、”鉄獣戦線 銀弾のルガル”を展開できます!

また、②の効果も優秀です。

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、その後手札を1枚選んでデッキの一番下に戻す。

この効果により、リンク素材として活用した後、手札の循環へ繋げることもできます。
地味ですが嬉しい効果です。

  • ”鉄獣戦線 銀弾のルガル”で相手ターンに展開!!

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドのモンスターの種族の種類×300ダウンする。

”鉄獣戦線 銀弾のルガル”は2つの効果を持ちます。
まず①の効果から。

①:相手メインフェイズに発動できる。自分の手札・墓地からレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を選んで特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

相手ターンに手札・墓地から”獣族・獣戦士族・鳥獣族”下級モンスターを特殊召喚できる効果です。そのターンで特殊召喚したモンスターは手札に戻ります。
この効果で特殊召喚されたモンスターは効果が無効化になるので注意です。

この効果を上手く活用できるのは、後に説明する”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”の効果です。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。

”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”の①の効果

この効果は先程の”鉄獣戦線 銀弾のルガル”の①の効果のように、自分フィールドに”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”が特殊召喚された場合、フィールドのカードを1枚除外することができます。
もちろん、”鉄獣戦線 銀弾のルガル”だけでなく他のカードの効果とも合わせることができるので、後ほど解説します。

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、自分フィールドのモンスターの種族の種類×300ダウンする。

②の効果は、”鉄獣戦線 銀弾のルガル”が墓地に送られた場合、相手フィールドのモンスターの攻撃力を自分フィールドモンスターの種族×300ダウンさせることができます。

今回紹介しているデッキレシピには3種族のモンスターがいますので、最大900ポイントダウンさせることができます。

  • ”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”で相手カードを除外!!

獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。
②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”は2つの効果を持ちます。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合、または自分フィールドにこのカード以外の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。フィールドのカード1枚を選んで除外する。

この効果は、先程”鉄獣戦線 銀弾のルガル”で解説した効果です。
このカード”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”、もしくは”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”が特殊召喚された時に、フィールドのカードを1枚除外することができます。

今回紹介しているデッキレシピには、”鉄獣戦線 銀弾のルガル”以外にも、この”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”の①を効果を活用できるカードが多数存在します。

②:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。除外されている自分の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスターの数以下のレベルを持つ獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから手札に加える。

この効果は、除外されている”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”がいれば、この数に応じたレベルの”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”をサーチできます。
このデッキには”鉄獣戦線 ナーベル”が入っているため、1体でも除外されていればサーチすることができます。

  • ”鉄獣の凶襲”でリンク素材を調達!

【速攻魔法】
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下で種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

①:自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。

そのモンスターの攻撃力以下で種族が異なる獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をデッキから守備表示で特殊召喚する。

この効果で特殊召喚したモンスターの効果はターン終了時まで無効化される。

この効果の発動後、ターン終了時まで自分はリンクモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

この効果は、自分フィールドの”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”を対象にし、そのモンスターの攻撃力以下で種族が異なる”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”を特殊召喚できます。
そのモンスターの効果は無効になります。

まずはこの効果により、相手ターンに発動することで”鉄獣戦線 凶鳥のシュライグ”の除外効果を発動することができます。

また、条件が整っていればこのカード1枚でデッキから”獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター”を特殊召喚できるため、リンク素材の調達ができます。
召喚時は、守備表示かつ効果無効という制限がかかるため、リンク素材調達用のカードとも言えます。

遊戯王カード【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】 まとめ

遊戯王カード【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】を最後まで読んで頂きありがとうございました。
遊戯王現環境でも大変人気な遊戯王カード【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキレシピ&デッキ解説はいかがでしたか?

遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキの対策カードとして、”御前試合 ”や”群雄割拠”があります。遊戯王【鉄獣戦線(トライブリゲード)】デッキを使うなら、この辺りの対策が必要になってきます。
デッキのバランスを考慮して、無難に”神の宣告”や”サイクロン”など入れるのもおすすめです。

当サイトでは、遊戯王現環境でも戦える遊戯王デッキレシピや遊戯王デッキ解説の記事をどんどん更新していきます。
よかったら他の記事も読んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA