遊戯王カード【シャドール】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】

遊戯王カード【シャドール】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】 はじめに

今回の記事は、遊戯王カードのデッキレシピ&デッキ解説で『シャドールデッキを使ってみたい』という方向けに書いた記事です!
遊戯王【シャドール】デッキのポイント、回し方を中心に書いています。
是非参考にしてみて下さい!

遊戯王【シャドール】 デッキレシピ

メインデッキ
エフェクト・ヴェーラー x2
増殖するG x3
影霊の翼ウェンディ x3
灰流うらら x3
妖精伝姫ーカグヤ x3
妖精伝姫ーシラユキ x1
影依の巫女エリアル x1
シャドール・ファルコン x1
シャドール・ヘッジボッグ x1
シャドール・ドラゴンx1
シャドール・リザード x3
シャドール・ビースト x1
おろかな埋葬 x1
ハーピィの羽根箒 x1
影依融合 x3
神の写し身との接触 x3
超融合 x2
墓穴の指名者 x3
影光の聖選士 x2
影依の偽典 x1
影依の原核 x1


エクストラデッキ
エルシャドール・ミドラージュ x2
エルシャドール・アプカローネ x2
エルシャドール・ネフィリム x3
エルシャドール・シェキナーガ x1
スターブヴェノム・フュージョン・ドラゴン x1
グラビティ・コントローラー x1
クロシープ x1
捕食植物ヴェルテ・アナコンダ x1
神聖魔皇后セレーネ x1
アクセスコード・トーカー x1
ヴァレルソード・ドラゴン x1

遊戯王【シャドール】デッキ 強み

1 相手の複数特殊召喚するデッキの展開を抑えることができる
2 相手墓地の素材を奪うことができる
3 アドバンテージと妨害が両立されている【影依の偽典】の存在

相手の妨害をしつつ、自身はEXデッキからモンスターを召喚し、圧倒せよ!!!

遊戯王【シャドール】デッキ 絶対外してはいけないカード

影依融合

エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・アプカローネ
エルシャドール・ミドラーシュ
影光の聖戦士

融合素材になる
シャドールモンスター
影依の偽典
神の写し身との接触

遊戯王【シャドール】デッキ 回し方

  • ”影依融合”発動し、EXデッキから融合モンスター特殊召喚!!

「影依融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
エクストラデッキから特殊召喚されたモンスターが相手フィールドに存在する場合、自分のデッキのモンスターも融合素材とする事ができる。

発動条件付きではあるが、条件を満たせばデッキから融合素材を墓地へ送り、融合召喚を行うことができます。

本来なら消費が激しい融合召喚ですが、アドバンテージを稼ぎながら【エルシャドール】融合モンスターを展開することができます。

  • ”エルシャドール・ネフィリム”を特殊召喚!!

星 8 / 光 / 天使族 / 攻2800 / 守2500

「シャドール」モンスター+光属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。
②:このカードが特殊召喚されたモンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動する。そのモンスターを破壊する。
③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

最初に融合召喚したいのがこの”エルシャドール・ネフィリム”。

特殊召喚成功時、デッキから【シャドール】カードを墓地へ送ることができます。

【シャドール】カードは墓地へ送られることによって効果を発動するものが多いため、状況に合わせそれらのカードを墓地へ送り、効果の発動を狙いましょう。

・【シャドール】モンスターを特殊召喚したい場合は、”影霊の翼 ウェンディ”
・相手の魔法、罠を除去したい場合は、”シャドール・ドラゴン”
・墓地の魔法、罠を回収詩したい場合は、”影依の原核”

”エルシャドール・ネフィリム”の②の効果は戦闘をサポートする効果で、特殊召喚されたモンスターがバトル相手であれば、攻撃力に関係なく破壊することができます。

攻撃力も元々2800と高いため、アタッカーとしても優秀です。

  • エルシャドール・アプカローネで【シャドール】カードをサーチ

星 6 / 闇 / 魔法使い族 / 攻2500 / 守2000

属性が異なる「シャドール」モンスター×2
このカードは融合召喚でのみEXデッキから特殊召喚できる。このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果を無効にする。
②:このカードは戦闘では破壊されない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。その後、手札を1枚選んで捨てる。

”エルシャドール・アプカローネ”で利用したいのは③の効果。

③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「シャドール」カード1枚を選んで手札に加える。その後、手札を1枚選んで捨てる。

この効果を使い、デッキから手札に加えたい”影光の聖選士”をサーチ、手札の”シャドール・リザード”等を墓地へ送り効果の発動を狙うことができます。

自力で墓地へ送りたい場合は、このカードをEXモンスターゾーンに融合召喚し、そのまま”グラビティ・コントローラー”をリンク召喚するのが良い。

  • ”エルシャドール・ミドラーシュ”で相手の特殊召喚を妨害!

星 5 / 闇 / 魔法使い族 / 攻2200 / 守800

「シャドール」モンスター+闇属性モンスター
このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚できる。
①:このカードは相手の効果では破壊されない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。

③:このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。

【シャドール】モンスターと『闇属性』モンスターで融合召喚可能なモンスター。

【シャドール】モンスターは殆どが『闇属性』なので、簡単に融合素材を集めることができます。

”エルシャドール・ミドラーシュ”で利用したいのは、②の効果。

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、その間はお互いに1ターンに1度しかモンスターを特殊召喚できない。

①も比較的優秀な効果ですが、”エルシャドール・ミドラーシュ”は②の効果が一番優秀です。
相手にターンを渡す前に召喚し、②の効果を使い、相手の展開を妨害していきましょう。

また、【シャドール】は墓地に送られた時に効果を発動するモンスターが多いので、状況に合わせ融合素材を選択すれば、自身のアドバンテージや相手の妨害など、デュエルを有利に進めることができます。

  • ”影光の聖戦士”の効果でモンスターを蘇生!相手を妨害!!

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分の墓地の「シャドール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを表側守備表示または裏側守備表示で特殊召喚する。
②:自分の墓地からこのカードと「シャドール」カード1枚を除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分フィールドの裏側表示モンスター1体を選んで表側守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を選んで裏側守備表示にする。

【シャドール】モンスターの蘇生、またはリバースに関する表示形式サポートが可能な罠カード。

主に、【エルシャドール】融合モンスターの蘇生を行うために使用されます。
・”エルシャドール・ネフィリム”を蘇生すれば、①墓地肥やし効果で【シャドール】の効果を誘発しやすくなります。
・”エルシャドール・アプカローネ”を蘇生すれば、①の効果でフィールドのカードの効果を無効で相手を妨害できます。
・”エルシャドール・ミドラーシュ”を蘇生すれば、相手の特殊召喚を制限し、相手の展開を妨害できます。

  • ”影依の偽典”の効果で墓地融合

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。自分のフィールド・墓地から、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを除外し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
その後、この効果で特殊召喚したモンスターと同じ属性を持つ相手フィールドのモンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できない。

自分の墓地のモンスターを素材とした【シャドール】モンスターの融合召喚が可能。

自分の墓地、フィールドから融合召喚が可能なので、融合召喚の障壁を落とし消費も抑えつつ、相手フィールド上のモンスターを『破壊ではなく墓地送り』で除去できるため非常に優秀です。

また、除外されたモンスターは《影依の巫女 エリアル》の効果で特殊召喚を狙うこともできます。

  • ”神の写し身との接触”でフリーチェーンで融合召喚!

神の写し身との接触」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分の手札・フィールドから、「シャドール」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

手札・フィールドから融合素材を墓地へ送り【シャドール】の融合召喚を行えます。
”影依融合”とは違いデッキから融合素材を墓地へ送ることはできませんが、速攻魔法カードのため、相手ターンに発動でき、柔軟な展開が可能となります。

遊戯王カード【シャドール】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】 まとめ

遊戯王カード【シャドール】デッキレシピ&デッキ解説 【2021】を最後まで読んで頂きありがとうございました。
遊戯王現環境でも大変人気な遊戯王カード【シャドール】デッキレシピ&デッキ解説はいかがでしたか?

遊戯王【シャドール】デッキの対策カードとして、”暗闇を吸い込むマジック・ミラー”や”マクロコスモス”があります。遊戯王【シャドール】デッキを使うなら、この辺りの対策が必要になってきます。
デッキのバランスを考慮して、無難に”神の宣告”や”ハーピーの羽根箒”など入れるのもおすすめです。

当サイトでは、遊戯王現環境でも戦える遊戯王デッキレシピや遊戯王デッキ解説の記事をどんどん更新していきます。
よかったら他の記事も読んでみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA